ハイドンのソナタ、第35番第1楽章を練習中。 

以前のブログ記事で予告(?)した通り、春にピッタリではないかと思い、練習しています。
とちってしまう箇所もあるのですが、そこが修正できれば悪くない流れかな…(^^?)

たまに、ヤマハのグランドピアノで弾くのですが、3連符の響きと弾きやすさがウチのアップライトとは全然違う(笑)
鍵盤が軽く感じるほど、弾きやすい\(^0^)/気持ちいい!

始めてこの曲(第1楽章)を弾いたとき、失礼ながら「なんか練習曲みたい…」って思ってしまったのですが、改めてプロの方の演奏を聴いて、

「この曲の響きを全然楽しんでなかったんだ…」と気がつきました。

私が昔レッスンで弾いていたソナチネ、ソナタの中にはそれなりに好きな曲はあるのですが、形式ばっていて、ピアノ発表会なんかで披露したいとは全然思えなかったんですよね。。曲想が明るいものばかりで面白くないとか、窮屈な感じがするとかで(汗)様式美に関心が薄かったのも、やる気のなさ(?)に拍車をかけたのかもしれません(もちろん、ちゃんと練習してからレッスンに臨んでましたが)。

それがここにきて、ロマン派のような「情感を表現するために音が使われる曲」ばかりが音楽ではないのさ!と思い始め…?
弾いたことのあるソナタだけがソナタじゃないし、もっといろんなソナタを聞こう!と思うに至りました(笑)

最近、ベートーヴェンの後期に作られたソナタを聞いて感動。堂々とした中にも柔らかさがあるというか…。ロマン派?って思ってしまうほどの美しい旋律でした。うぅ…こういうのも弾けたらなぁ~!

↑第30番。第1楽章と第3楽章がとても美しい!「ガンガン系」だけがベートーヴェンではないんだよなぁ。


[PR]
トラックバックURL : http://newmango.exblog.jp/tb/23829154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by fresh-mango | 2017-04-21 00:40 | 音楽を楽しむ | Trackback | Comments(0)