久しぶりにX10で撮影。今まで自己流でしたが、これからはフェリシモのこのテキストに沿って、カメラに慣れようと思ってます105.png
a0181150_15243931.jpg
今回は、天候は曇りという条件の中、露出補正とホワイトバランス2つの機能でどこまで撮れるかチェックしてみました!
a0181150_15344066.jpg
a0181150_15371991.jpg
ホワイトバランスは、左が「電球」右が「蛍光灯3(白色蛍光灯)」。どちらも絞りは開放ぎみ。露出はいじってません(ハズ…)。ホワイトバランスの違いを比較させるため、これ以外設定は変えませんでした。

「緑色をキレイに撮る」のを目標にしていて、高い木も撮りたかったのですが、曇り空のせいなのか、私の撮影技術では露出や絞りを工夫しても、空の色が白飛びして、木々は暗く写るので、思ったようには撮れませんでした…。やっぱり…(涙)

その代わり、視線を下におろして、たんぽぽなどをホワイトバランスを変えて撮ると、同じ黄色でも雰囲気が変わるので、面白かったです。普段なかなか気がつかない色彩の違いですね。そうか、曇りの日はこういうところをよく見ればいいのか!
a0181150_15552246.jpg
a0181150_15565293.jpg
a0181150_15583188.jpg
a0181150_15594214.jpg



因みに、露出の違いはこんな感じ↓

a0181150_16034799.jpg
a0181150_16030658.jpg

[PR]
今日は、ピアノを弾きまくりました。ちょっとダラダラしてしまいましたが…。

グランドピアノを貸してくれる方の所に行ってきたのですが、ちょっとだけ打鍵の話に。

「mangoさんの音は柔らかい」とか「(フォルテも?)うるさくなくていい」とのことなんですが、私は「先生から打鍵がどうも弱いと言われてたんです」と正直に言いました;個人的には、弾きにくいところは音が抜けてしまっている時があるような気がしてます。今どういうわけかベートーヴェンのピアノソナタに興味があるし、迫力のある音を出したーい!という感じなんですが…。
習っていた頃は、音が柔らかいなんて一度も言われたことはないし、「鍵盤の底までしっかり弾く!」「深く打鍵」と言われるのが当たり前。先生が弾く音も、とてもしっかりとした音でした。
その方曰く、「昔の先生は強い打鍵を指導してたね」「コンサートホールで弾くならともかく、カフェなんかで弾くにはうるさすぎる」と。演奏場所によって、弾き方を変えると仰ってました。(※この方は、演奏者です)

ここではちょうど良い音量で弾けてると思いたいところですが、ゆっくり目の曲・難度の低い曲を弾くことが多いから、「音の抜け」がバレてないだけのような。。というか、フォルテは自分では結構大きな音を出してるつもりですけど103.pngピアノ発表会みたいに、大きめなホールで弾いたら、奥まで音が届かないということですがな…。

「柔らかい音」については、ブランクがかなり長いのでホント謎だ。。リラックスして弾いてると思いますが、よく言われる「脱力」が突然出来たとは考えにくい。
ゆったりとした曲を丁寧に弾いた結果としか言えないんですが…。鍵盤を叩いているというより、押しているという感覚で弾いているというのはあるかも。
あとは、「歌う」。メロディーラインがちゃんとある曲(レガートで弾く曲)は、声に出してないだけで歌っている感覚があります。
素人の私が言うにはアレですが、自分の声を届けるつもりで弾いてます(笑)高校の音楽の授業のおかげもあるかもです。

で、肝心な練習内容ですが。
ハイドンのソナタは、録音してよく聞いてみたところ、変なタメのせいでテンポが悪くなっている部分と、左手のメロディーラインが聞こえてない箇所があることが発覚。気がついてよかった…!

次練習する時は、テンポの確認にメトロノームを使おうと思います。
メトロノーム(針が左右に揺れるタイプ)、ずっと使わずにいたら壊れました…149.png!!というか、壊れてました。メトロノームって、何もしてなくても壊れるんですね??なので、スマホのメトロノームアプリになってしまいますが…。

1曲目はこのハイドンにするとして、2曲目はどうしようか…と思っていたところに強い味方!それはブルグミュラー☆季節に合わせて、「牧歌」(ペダル抜き。グランドピアノならペダルが無くても十分に響きます)にします。

練習では、前から気になっていたベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」も早速弾いてみました!!序奏部だけですが(笑)
ベートーヴェンらしい、重みのある音を感じることが出来て、とても充実した時間が流れました♪フォルテは、体重を指にかけて弾きました(指の力だけでは弾けないので)。

天気の良いゴールデンウィークに不釣り合いな曲(笑)!!

トレモロが弾けるか心配…119.png勢いだけで弾き始めてしまった^^;


[PR]
土日が必ずお休みの方には、サタデーにプレミアムが付いても全然響かないと思うのですが(笑)、

いつもの朝食(トーストにマーガリン派です)を、サンドイッチにしてみると、ちょっとだけ特別な時間が流れるような気がしてきました。
食器選びなんかも普段より慎重に。サンドイッチということで、ちゃんとワックスペーパーも使ってみると、カフェ風に?紙ものが好きなので、ここでもこだわる(笑)100均だったりしますが(笑)結構オシャレな柄あるんですよね。

サンドイッチを自分で全部作ってみるのも良し、材料を食卓に置いてみんなでその場で作るのも良し。
材料だけ用意するのであれば、テレビは消して、目の前にある食べものに集中(笑)
「食卓の風景」を一つ変えてみるだけでも、気分転換になりますね。何より、自然な会話が生まれます。

この程度のことはいつもやってるという方に、素敵な食事のとり方を伝授していただきたいものです109.png

ベターホームの朝ごはん パン派?ごはん派?さっと作れる朝食レシピ

ベターホーム協会(編集)/ベターホーム協会


簡単に作れるレシピばかりで、使っている食器もオシャレ!眺めているだけでも楽しい一冊。



[PR]
a0181150_00363388.jpg
使い方はコチラ↓

去年くらいにヤマハで見かけた、黒河先生の「ぴあの鍵盤」。なんでも、指の第一関節と掌の筋力を鍛えるためのグッズらしい。
握力を鍛えるもの(?)なら小学生の時に、ピアノの先生からもらった記憶はあるのですが、どこかに行ってしまった…^^;

手のフォームについて学生の時に、先生から、手の甲に重みを乗せたとき崩れるとの指摘があったのに、どうしたら鍛えられるか分からずにいたので、この「ぴあの鍵盤」を救世主だと思って、今毎日使ってます(笑)
もう絶版らしいのですが、お店の人に聞いたら、まだ在庫が残っている店舗があると教えてもらい、取り寄せました!

細い指・薄い手・細い腕と、ピアノを弾くには不利な条件ばかりだと思ってますが(涙)、少しでもマシな演奏ができるよう頑張ります☆


[PR]
今年度もやってます。

試行錯誤ですが…。

今年度からは展示に関して、しっかり年度計画を立て、作業工程で時間がかかった部分を見直しました。

ある程度型ができたとはいえ、毎回、人を惹きつける言葉を見つけ、どう見せるのか考えるのはやりがいを感じますが、プレッシャーであることは変わらない(笑)上手く説明できなくて、もどかしい思いをすることもあるし。。

「この程度のことで…」「大したことしてないでしょ」と思われそうですが(まぁ実際凄いことをしているとは全然思いませんが)、

私自身は「これが自分に与えられた役割なのだから、ただそれを全うするだけ」だと思っていて、モチベーション維持に繋がっています。

こういう気持ちに持っていけたのは、ベテランスタッフの仕事ぶりだったり、ベストセラーになった『嫌われる勇気』(笑)だったりします。
先輩方が信頼できるというのは大きいですね。

というわけで、今回も張り切っていきます♪


[PR]