カテゴリ:書くことを楽しむ( 49 )

すごい俳句

「病む妻や薔薇より美しき血を吐いて」


某テレビ番組で、芸能人が俳句を作り、プロの俳人に採点をしてもらってましたが、

それで思い出したのが、ある新聞に載っていた上の一句。

妻が吐いた血を、薔薇の赤と重ねたことで、

「その人は苦しくも今生きているんだ」ということが強烈に伝わったのでした。

状況を淡々と描写しているので、夫の苦悩は直接触れられていませんが、

この句の中に、そのことも含め一時の出来事と思いが全部詰まっているかのようです。

この奥さんがその後どうなったかは分かりませんが、

「この時を生きていた証」として、一生残ると思いました。

因みに俳句とは・・・
「俳句はモノに託して表現したり、あるいは短い言葉それ自体の持つ言外の表現力を引き出す文芸であって、自分の主張を語るものではない」
と新聞には書いてありました。

俳句って凄い…!

まだ俳句を書けるだけの年の取り方はしてませんが(笑)、「ある状況を描写することで、思いを伝える」ことに興味ありますし、いつか書けたらな…なんてふと考えてしまいました;

[PR]
by fresh-mango | 2017-01-06 22:01 | 書くことを楽しむ | Trackback | Comments(0)

というか、苦手なペンというか。。使いにくいペンってありませんか?

私の場合は、「フリクション」。

インクが伸びない=字の流れが止まる。

しかも、インクの減りが早い!!

書いた文字が消せるペンと言うことで持ってますが、苦手だなぁ。。

仕方がないので(?)、いつもと違う筆圧で書いてます。紙の表面をなでるような感覚で書くと、なんとかなるみたい。

書きやすいペンは「ジェットストリーム」。Loftオリジナルが可愛いくて気に入ってます♪

フリクションとは対照的に、よく伸びるインク。なので、ゆったりとした文字が書けます。

あと、字の巧拙関係なく、書きぶりがそのままその人の味になる万年筆がいいですね。

長らく使わないと、インクが詰まってしまいますが。。

書いていて楽しいペンも、書きやすいペンだと思います!


[PR]
by fresh-mango | 2016-07-15 22:41 | 書くことを楽しむ | Trackback | Comments(0)

a0181150_20342924.jpg

↑ブラニフステッカーの下に水色のハンコを押したのですが、この写真だとほとんど見えないですね;

ふだん、週間バーチカルタイプと週間+メモタイプを使っているので、このノートは「別冊」扱い。

別冊扱いでも、表紙に自分なりのアレンジを加えることで、持っていて何だか楽しいノートに♪

基本どんなノートでもいいと思うのですが、自分の相棒になってくれるノートってやっぱり愛おしい。自分の思いはノートという物体に支えられているのだけど、書き込んでいるのは紛れもない自分だから、自分が自分の面倒を見ているっていうことなんですよね。

「自分コントロールセンター」って呼んでもいいかも。

ただ出来事を書くだけでなくて、今まで感じていたなかった小さな気づきも盛り込んでみると、いつもと違う一日を過ごしていたことに気付かされます。

それが細やかでも確実な一歩になって、自信に繋がっていくような気がしてます。

ダメだと思いこんでいたことも、意外な反応が返って、考え方や感じ方が変わったり。

トラベラーズノートは、どんな一日であってもいつも傍にいてくれる。

やっぱり手放せない★
[PR]
by fresh-mango | 2016-03-16 21:14 | 書くことを楽しむ | Trackback | Comments(2)

引き算の美学 もの言わぬ国の文化力

黛 まどか / 毎日新聞社

スコア:



黛さんと言えば、俳句ですよね…!

以前に、俳句に関する本を読んだことがあるのですが、私には高度すぎたのか、全然覚えていません(^^;)

この本も俳句についていろいろ述べられていますが、日本人の自然観や、他の日本の芸術にも通じる「型」の話にも触れられているので、日本文化の神髄を理解する際の助けにもなるような気がします。

自然との向き合い方を通じて、「日本人としての自分」を意識できるのかもと感じました。

個人的には、「自然は立派やね」の話と、「ものに命を宿す」の話に大いに感動しました。
[PR]
by fresh-mango | 2015-11-16 21:48 | 書くことを楽しむ | Trackback | Comments(0)

その時の状況や気分のあり方で、手帳を好きなようにカスタマイズできるのがトラベラーズノート。

トラベラーズノート(本体)を開くときは、今までもっぱら、セットさっれた無罫タイプのリフィルにコラージュするというパターンでしたが(ダイアリータイプは単体で使用)、来年は、「週間バーチカル」と「週間+メモ」の2冊を挟み込んで使おうかな~…と思ってます042.gif

今年、2冊目で日記用として愛用しているアプロックスも使い勝手が良いのですが、トラベラーズノートをカバーを付けた状態で、もっと普段使いにしたくなったんですよね(笑)

正直、日記用はアプロックスの罫線を取るか、トラベラーズノートのデザインを取るかで迷っています(笑)アプロックスにしろ、トラベラーズノートにしろ、「週間+メモ」でないとダメ。たぶんここは譲れません。日記って、書けるスペースがありすぎると、自由に使える分、続かないようなんです(笑)「週間+メモ」だと、一日あたりそんなにたくさんの文章にする必要がないですし、日付も自動的に入っているので、日付を入れる手間が省ける(笑)1週間という区切りもなんだか心地よいですし。左ページに日記をつけて、その日に考えたことを広げたりしたいときに、右ページを使うと、自分の考えの流れもわかるような気がします。前にも同じようなことを言っていたかもですが(笑)

来年のトラベラーズノートは、プライバシーに関わることが増えそうなので、ネットで公開できないかも(^^;)
[PR]
by fresh-mango | 2015-11-16 21:20 | 書くことを楽しむ | Trackback | Comments(0)

a0181150_0503451.jpg

a0181150_0505517.jpg

※手帳の使用例はこちら

なんか手帳が増えていく…(笑)
お弁当作りのポイントをまとめたくて、今回初めて、ワナドゥ!!手帳を使ってみることにしました。

最初から、写真を貼るスペースやメモ欄が固定されているので、そこにただ書き込むだけでOK★
頑張って全部書き込んでみせます047.gif

新しいエプロン(このロゴタイプ★)&お弁当箱を買ったし、新年度は心機一転して、前向きに過ごすことが出来そうです!

晩ごはんといっしょに作りおき 朝つめるだけのお弁当

本田 明子 / 家の光協会

基本的な料理を覚えるのにもいいかも♪ちょっとした工夫で、簡単料理がさらに美味しくなるのもうれしいところ。

スコア:


↑私の場合お弁当は、多めに作った夕飯を詰めるだけです。デコ弁などは無理…(笑)食べるのはもちろんですが、お弁当の楽しみは、詰める時間と、お弁当を開く瞬間だと思ってます。

あ、インテリアについても、スタイルを変える決断をする前から少しずつ(というか気が付いたら)買っていたものも多いので、何とかなる気がしてます(笑)
[PR]
by fresh-mango | 2015-03-20 01:02 | 書くことを楽しむ | Trackback | Comments(0)

a0181150_2042228.jpg

ボケた…(^^;)

写真だけをそのまま貼ると、写真のインパクトが強くて左に書いた日程のページとのバランスが悪いことに気づいたため、急きょ、コラージュしました(笑)

一番悩んだのは、白地のページに「ちょっとだけ変化をつける」こと。そのまま貼ると、写真だけ浮いてしまうので、写真の下に何かを重ねないといけないのですが、下に貼る紙を白にしないと、写真の色が映えないのではないかというジレンマが頭をもたげました(笑)左のページには既に、罫線が入った薄いベージュの大きめのメモ用紙を貼りつけてしまっていたので、大ピンチ(゜O゜;)

そこで、井上陽子さんの一筆箋を使用★

色は白でも、表面が凸凹していて紙に表情があるし、昔風のスタンプがプリントされていてなかなか味があって良いなと思ったのです。

後は、前に購入した、英字が印刷された本のページを手でちぎったり(私が本を無理やり破ったんじゃないですよ 笑)、ビンテージチケット風のシールを貼ったりして、上のような1ページが出来上がりました☆

いつものことですが、行き当たりばったりで作ってるので、もうメチャクチャです(笑)

が、トラベラーズノートは止められませんっ!

今、文房具関係のお店に行くと、旅行をまとめるのに便利なノートや手帳がいろいろ売られていますが、乗り物の切符など、お財布に入れるにはちょっと困るこまごまとしたものと、実際にその街についてから必要になる地図や日程をまとめたものを一緒にしておけるものって、トラベラーズノート以外良いのがないんですよね。ジッパーケースや名刺ファイルは本当に重宝します!トラベラーズノートがあれば、旅で必要なものを一つにまとめられるので、モノを無くす心配も減ります。

★参考になるか分かりませんが、トラベラーズノートにセットしておくと特に便利なものたちを紹介★

 ジッパーケース→旅先で拾った紙モノなどを入れておくのに便利

 名刺ファイル→JR切符を入れるのにちょうどいいサイズ。もちろんお店の名刺も入ります。他に①名刺ファイルの大きさに合わせて、メモ紙を入れたり、②切手を入れたり、③ペタンコ芯に巻きつけたマステの一部を入れたりしていますよ!切手は、小さな町だと郵便局が閉まっていたりするので、あらかじめ用意しておくのが〇ですね。マステは、旅先で買ったお菓子の袋を閉じる時なんかにも使えます。
[PR]
by fresh-mango | 2015-03-05 21:32 | 書くことを楽しむ | Trackback | Comments(2)

a0181150_19481013.jpg

▲APPROXのホリゾンタルタイプ(A6)。セミナーに参加したときのネームカードを右側に貼ってます。

毎年毎年、手帳の使い方に悩んできたのですが、今年やっと落ち着きそうな気がします☆

今年は、以前にアップした記事の通り、トラベラーズノートの週間バーチカルタイプとAPPROXのホリゾンタルタイプの2冊使い。

手帳に何を求めるのかによって、選ぶ手帳も変わってくるのですが、私の場合、単純にスケジュールと仕事で気がついたことを確認したい(職場でもパッと見れてパッと行動に移したい時に使いたい)のなら、トラベラーズノートの週間バーチカル、その日に気がついたことや、インパクトのあった出来事についてじっくり振り返りたいのなら(少し日記に近い感じで、思いをいろいろ吐き出したり、「こうしたい」という思いを形にするマインドマップのように自由に書きたいなら)、APPROXのホリゾンタルタイプというのが良いみたいです!

この2冊を1冊にした方が使い勝手がいいのでは?と思われるかもしれませんが、この2冊にしないと、手帳が見づらくて仕方がないのです042.gif以前にも、スケジュール用+雑記用と分けていたことがあるのですが、使いこなせてたとは言い難く…025.gif手帳が立派過ぎて重かったり、いろいろ書くにはスペースがありすぎて、白い部分にプレッシャーを感じたりと上手くいきませんでした。トラベラーズノートの週間バーチカルは見やすくてシンプル。しかも、カバー付けてないので軽い!表紙は無地なので、好きなシールなんかが自由に貼れて、持ってるのが楽しくなります。APPROXは、左に一週間ごとのスケジュールが書けるのですが、ノートのように罫線が入ってるので、3~4行日記にはもってこい!右には自由に書けるノートがついていて、日記の内容に関連するアイディアなんかを書くのにちょうどいいです。

今年の手帳は、APPROXに特に感動(?)していて、私はこう使いたかったんだ!とやっと気がつくことが出来ました(笑)過去の出来事が次の出来事に結びついて、それが自分にとって、「一歩前進だ!」と感じられることだと分かると、その一日に感謝したくなります012.gif書かないと、せっかく気づいたことがあっても、いつの間にか忘れてしまいますからね。この作業は大事です。良いことがあると、読み返した時にすぐ分かるように、笑顔スタンプも押します。泣き顔スタンプも準備予定ですが、笑顔スタンプがたくさん貯まるほど、自分をプラスの方向に持って行けたということなので、たくさん貯めていきたいです!

※今まで紹介していたトラベラーズノートですが、「遊び」なので、気が向いたときに自由に使っています。
[PR]
by fresh-mango | 2015-02-06 20:40 | 書くことを楽しむ | Trackback | Comments(0)

a0181150_15135562.jpg

Polaroid pogoで印刷した写真を外出先でペタペタ。後ろがシールになっているのでラクチン♪
スタンプなどは、お家に帰ってからの作業です。

外では、写真+コメントくらいが限界かなぁ…。横罫や日記タイプのリフィルをトラベラーズノートに挟み、ひたすら感じたことや発見したことを書いて、家で無罫タイプやクラフトタイプのリフィルに丁寧にまとめてみるのも良いかもしれませんね。
[PR]
by fresh-mango | 2014-08-19 15:22 | 書くことを楽しむ | Trackback | Comments(2)

a0181150_2235154.jpg

街の中の紙モノを集めてみました。…一番右下のは違いますが(笑)

a0181150_22403630.jpg

JRでどこまで行ったかが一目でわかるページを作ったのですが、地図と写真のバランスが悪かった…(> <)
右上の微妙に空いたスペースをどうしよう(^^;)
[PR]
by fresh-mango | 2014-08-01 22:43 | 書くことを楽しむ | Trackback | Comments(0)

はじめまして!好きなこと・素敵なものをいろいろ載せていきたいと思います☆