まだつっかかったりしてますが、次回は久石さんの`Summer'にしようと思います(いちいち報告 笑)。夏ですからね(笑)!!

今日は、この曲の一番好きな部分を、気に入った響きで弾けました♪楽譜にペダルの指示は書かれてませんが、ここで入れたらいいのかな?と自分で考えて入れてます。

今度のサークルで気持ちよく弾けますように…!久石さんみたいに、ニコッと笑顔で終えたいです(笑)


[PR]
by fresh-mango | 2017-06-27 00:23 | 音楽を楽しむ | Trackback | Comments(0)

先日メールで、次回のピアノサークルのお知らせが来たのですが、

残念ながら、その日は都合が合わず、出席は×…134.png

さらに、次に弾こうと思っている曲も固まっておらず…。ピアノにも全然触っていない…!!!

練習時間を考えると、新たに挑戦は難しいので(よし!と思えなければ、当日とても緊張してしまい、楽しむどころではなくなってしまいます;)、昔弾いた曲になりそうなのですが、

夏なんだし、ベタですが、久石さんの‘summer’なんかもいいなぁ、クラシック以外も挑戦してみたいなぁという思いもあり…。
('summer'はメジャーな曲で、スッと入ってきやすいというものありますが、久石さんのピアノ演奏が印象的だったのでした。)

昔弾いた曲にするなら、ベートーヴェンの「ピアノソナタOp.40 No,2」かな。こちらも、ピアノ経験者にはお馴染みの一曲ですよね。ベートーヴェンが若い頃に作った曲で、ベートーヴェンのソナタの中では、かなり易しい部類に入る(「やさしいソナタ」と言われているみたいです。ただし、易しい=手抜きではないと思ってます 笑!)と思うのですが、朗らかな気持ちにさせてくれるお気に入り。朗らかという意味では、雰囲気が前のハイドンとかぶるかもしれませんが…。

あ、私のピアノソナタの経験は、全音の「ソナタアルバム1」程度で、モーツァルトもやったのに、モーツァルトで弾きたいと思える曲がないんだよなぁ…。恐ろしいことに、モーツァルトに限らず、弾いた記憶すらないのもある…。
(因みに、「ソナタアルバム2」のベートーヴェンの作品では「月光」「悲愴」が登場します。頑張れば現役時代に弾けたのかもしれない(> <;)??)

サークルでは、どういうわけか古典派をやる人がいらっしゃらないんだよなー…。前回のハイドン、評判良かったみたいだし、これをきっかけに頑張ってみるのも悪くない?(私って単純…)

ピアノソナタでなければ、3月に上手く弾けなかったグラナドスの「スペイン舞曲」か…(笑)ちゃんと舞曲になるのか…不安だ…。

こんな感じでずっと曲選びでもやもやしていたら、次回出席する人のメールが何故か私の所にも来て、

その方は、ラヴェルの「水の戯れ」をやるらしい!!

凄すぎる!!私の悩みはなんてちっぽけなんだ…153.png9年ピアノ習って、前回ブルグミュラーの「25曲の練習曲」を選んでしまった時点でアカン…って思わなきゃだめなのかも…。好きだから弾くんですけどね、、情けないかもしれませんね…。はぁ。


[PR]
by fresh-mango | 2017-06-19 22:13 | 音楽を楽しむ | Trackback | Comments(0)

a0181150_23443325.jpg

先月19日に発売された、ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」を、1週間ほど悩んだ末に買いました(笑)

FUJIFILM ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ10 INS SQUARE SQ 10

富士フイルム

undefined


チェキの中では一番値が張るので、「何となく面白そう」では買えません(笑)使い道がちゃんとあるのか検討した結果、インスタントカメラで撮りたいと思えるテーマがあることに気付いたというのが、購入の決め手に。上の写真に写っているものが、そのテーマに沿ったものになります。

物欲に負けて高いものを買ってしまった…(> <)という罪悪感はあるのですが、結果的に、買って正解でした(笑)!!

写真の色合い自体は、ポラロイドカメラが好きで、最初興味があったのですが、フィルムがインポッシブルフィルムで、なんと1パックたった8枚で¥2,700!!保存などの取り扱いも難しいとあり、初心者には敷居が高いと感じました。インスタントカメラなので、失敗作も自動的に排出されてしまいます。。

SQ10の方は、「どんな写真に仕上がるか出てくるまで分からないワクワク感」は薄れるものの(設定をオートにすれば、撮影後すぐプリント可能)、半分デジタルのため、好きなものを印刷でき、コスパは抜群。様々なフィルターがあらかじめ用意されているので、出したい色を考えながらの撮影・編集になり、そこが面白いと思いましたね。撮影スタイルはスマホの延長のようでも、撮影はれっきとしたカメラで行えること、どこか懐かしい気持ちにさせてくれるフィルムらしさがちゃんとあること、そしてスクエアという形とサイズ感が、自分にはしっくりきました。

欠点としては、持ち運ぶにはちょっと重いということ…。撮りたいテーマがあるので、頑張って持ち歩きますが。

instax SQUARE SQ10について詳しくは↓

撮りたいと思っているテーマは、自分の心の安定(?)に必要という完全に自己満足の世界ですが(笑)、どんな被写体をテーマの中に入れるか、それをさらに「大陸ゾウノート(スパイラルリングノート)」にどう貼り付けるか、考えるだけでもワクワクします♪


[PR]
by fresh-mango | 2017-06-15 00:32 | 写真を楽しむ | Trackback | Comments(0)