春バージョン。

a0181150_20210780.jpg
前に、テラリウム…? で紹介したunicoの「テラリウム カーサ」に、造花(ミニョンリーフピックとポンポンシキミアバンドル)を入れてみました。本格的な春はまだまだ先ですが、雪解けが進んでいるので、気分だけは春♪

造花に見えないように、英字新聞を花瓶に見立てて包んでます(茎を隠したかった)。
横にある「02」は、AVERY ZweckformのNummernblock 868の一枚。数字のかすれ具合が良いんですよ(笑)ただ、ドイツ語で書かれているようで、説明書きが読めない(涙)

今回のテーマ(?)はヨーロッパの街角。朝マルシェでお花を買って(何故かドイツではなくフランスという設定)、それをポンとこの入れ物に入れてみたという妄想が詰まっております(笑)

「テラリウム」として全然使ってない私(笑)
ホントは、テラリウムより、茶室に合うシンプルな生け花やミニ盆栽(苔玉)に興味がある私(笑)興味があっても枯らせちゃいそうですが…。。
部屋が北向きで陽が入らないのでこういうことに…。

部屋が和風ではないから、良いってことで…(^ ^;)

※今回購入した造花は、アーティフィシャルフラワーブランド「MAGIQ」さんのものです。


[PR]
# by fresh-mango | 2017-03-04 21:08 | インテリアを楽しむ | Trackback | Comments(0)

出かけない日は…

ピアノの練習です。あっという間に1時間が過ぎ去っていきます。

今日は、次回披露する曲と好きな曲を交互に弾きつつ、指の練習としてハノンをやるという流れでした。

ピアノを習っていた頃は、曲を弾く前に、まずハノンとチェルニーをやっていたのですが、今はいきなりハノンというのがどうも辛い(笑)
曲を弾いて、「あ、指動いてないや」という自覚があってはじめて、ハノンをやる方が、いい練習ができる気がしています。あくまでそんな気がしているだけなのですが…。好きな曲を冒頭に持ってくることで、気持ちも上がってきますしね。
あとは、指を温めるために、パキパキ指を動かすソナタをやったりもしましたねぇ。

長時間ピアノに向かえたことがとにかくうれしい。
サークルのおかげ。
発表って緊張しますが、発表があってナンボなのかも。発表するから、練習するんだよな。
ホントはちゃんと習いたい…。

好きな曲を弾くときは、大概ドビュッシーの「月の光」を入れます。
中学2年生の時に初めて弾いてから、かなり経ってますが、飽きたことは一度もないです(笑)

飽きないのは、他の作曲家にはないものがあるからだと思います。

何ていうのかな、
余計なことを考えずに、ただ楽譜に身を任せていれば、個人的な感情を超えた「何か」にアクセスできる気がする。
「心の無重力状態」を楽しめるというか。
音符をなぞっただけで、月の光に照らし出されたもの、気配に触れられるというか。

この曲を聴いているだけなら、「華やかな音楽の中に、儚さや切なさもある」とか「ロマンティックな曲」といった感想を持つのですが、
弾いている時は、「切なく弾こう」とか「ロマンティックに」とか一切考えられない(抑揚をつけて弾くピアニストが苦手だったりします)。
「心を無にして弾いた結果、そんな風に聞こえた」というのが理想です。本当に弾けたときは、そんな境地なのかなぁ…。

おばあちゃんになっても、ピアノは弾き続けたいなぁと思う、今日この頃です。


[PR]
# by fresh-mango | 2017-03-04 00:42 | 音楽を楽しむ | Trackback | Comments(0)
公式HPはこちら

観てきました♪ミュージカル映画が苦手な私ですが、思っていたほどミュージカルを前面に押しておらず、見やすかったです。
たとえ、ストーリーが気に入らなくてもライアン&エマが好きな私としては、2人の息の合った演技だけでも楽しめる映画だと思っていました。2人が共演する作品としては3作目かな(「ラブ・アゲイン」おススメ!)

とにかく、エマ・ストーンが可愛い!!とってもチャーミング!ダンスが上手い!

ライアン・ゴズリングは、抑えた演技で、エマ・ストーンの引き立て役になっていた感じです。

ストーリーは王道。演出で惹きつけるタイプの映画かと。ロマンティックでファンタスティック。そして、昔の映画を見ているかのようなレトロ感もあり。音楽の使い方が素敵。色使いもgood!アカデミー賞で、作曲賞や美術賞を受賞していたのに、納得しました。CMに出てくる、2人が夜空を飛ぶシーンは本当に絵になっていたなぁ。。これはテレビではなく、映画館で見るべき作品だと思いました。

冒頭から途中までは、「素敵な演出の割には、記憶に残らない映画だったりして…」と感じてしまったのですが、エマ演じるミアがとあるオーディションに失敗して、以前セブが教えてくれた映画館の前を通り過ぎるシーンから、引き込まれました(なんか細かいですが 笑)。ターニングポイントになるところで、エマ・ストーンの表情が変わっていくんですよね。このシーン、後でまた使われるのですが、そこでのエマの表情の違いにもぜひ注目していただきたい。

2人の心の距離感だとか、2人が恋に落ちて、周りの風景が輝きだすところを上手く、ミュージカルや映像で表現している作品だと思いますし、ラストの華やかな演出に、逆に切なさと儚さを感じさせるところが、この作品の良いところだと思っているので、おススメです!


[PR]
# by fresh-mango | 2017-02-28 20:27 | 映画を楽しむ(アート系以外) | Trackback | Comments(0)

POP作り!㉒

また一つ、展示が終わりました~。

POPに関しては、指摘されたところは柔軟に対応したりと、全体のバランスを考えて作れたような気がします。

ただ、POPを作る際、ポスターや看板のイメージを崩してないか、配布物に掲載する記事を書くときに書きにくくならないかなど神経を使ったつもりなのですが、POP係と記事作成係からレイアウト面でこれでいいかと聞かれた時、自信を持って答えられなかったのが悔しいです。

スケジュールの途中変更への対応に関しても、周りをフォローできる部分を増やしたいと思いました。

小さなことでも、考えればいろいろやるべきことはあるなぁ。。


[PR]
# by fresh-mango | 2017-02-24 23:38 | アート・デザインを楽しむ | Trackback | Comments(0)

アルペン世界選手権2017

高校のスキー授業でスキーを始めて、今は全然滑っていないので、本っ当に下手(相変わらず「ファミリースキー ワールドスキー&スノーボード」で楽しむのみ)なのですが、好きなスポーツなので、テレビでやってると思わず注目してしまう競技。

時速120km超のスピードで果敢に攻める姿勢、厳しい傾斜でも美しいフォーム、競技場(今回はスイスのサンモリッツ)の天候変化など、見どころがいっぱい。

解説を聞いても、早すぎて、選手の滑り方の差をあまり見分けらなかったりするのですが(笑)、スピード系の滑降・スーパー大回転、技術系の大回転・回転どちらも面白いです。どちらかと言うと、スピード系が好きですが(笑)

男子回転に、札幌出身の湯浅選手が出場するようなので、テレビで応援します☆




[PR]
# by fresh-mango | 2017-02-15 23:47 | Trackback | Comments(0)

はじめまして!好きなこと・素敵なものをいろいろ載せていきたいと思います☆


by mango