ピアノサークル♪④

前回宣言(?)した通り、グラナドスの「アラベスカ(ボレロ)(「スペイン舞曲」より)」を弾いてきました!!
はじめてのスペイン曲、ゼロからのチャレンジ曲でとにかく緊張しました…!

正直、出来は「譜読み頑張ったねレベル」だと思います。

「暗譜バッチリ、自信を持って弾けますレベル」じゃないと、ダメですね…やっぱり…025.gif
時間が空いたらこの曲の練習をする、というスタンスでしたけど、練習不足でしたね。。
素敵な曲なのに、それが伝わってないと思うと、悲しいです…。うぅ…。もう一度チャレンジするしかない!!

次回は、アラベスカに加えて、ハイドンのソナタ(Hob. XVI 35)の第一楽章にしようかなぁと考え中。何となく、春の明るさにピッタリな気がしています。この曲は、現役時代に弾いた曲なので、グラナドスほど練習はしんどくない(笑)ただ、ピアノ学習者は必ず弾く曲と思われるので、「コイツ、下手だろ…」っていうのがモロバレてしまう009.gifまぁ、私のレベルなんぞもうとっくに知られているわけですから、今更ジタバタしたって仕方ない…!と開き直っています(笑)

良く歌い、楽しく弾く!これでいきます(笑)!古典派の音楽になると、ロマン派のような弾き方はできませんが…。

HAYDN Sonata Hob. XVI 35 - Gabriele Tomasello これやった!という方多いと思います。

ずーっとクラシックばっかり弾いていますが、春に合わせて、フィリップ・アーバーグさんの'Out Of The Frame'を弾きたい(楽譜を見つけた!!)気持ちもあるにはあるんです。ただアーバーグさんのような力強いタッチに自信がないので、今は脳内で弾いています(笑)
Philip Aaberg / Out of the Frame 素敵な曲です☆

良く歌っていたというと、今回はリストの「愛の夢 第3番」「シータの決意」(「天空の城ラピュタ」)が個人的にはグッときました。ゆったりとしたメロディアスな曲が入ってきやすい♪「ラピュタ」の曲を弾いた方は、ピアノを始めてまだ1年半らしいのですが、メロディーラインをよく捉えられていたと思います(←偉そう 笑)。

それから、中国の近現代曲(?)を弾いた方もいて、とても新鮮な気持ちになりました!弾き慣れていて演奏が上手かったですし。中学校から高校まで(?)ピアノを習っていたという方がショパンの「英雄ポロネーズ」を弾いていたり!そんな短期間に凄いです!!

前回来ていた親子も今回参加で、何と、娘さんの方は私が以前弾いた「異国から(「子供の情景」より)」を弾いたではありませんか!!

こんなことも起こるので、ピアノサークル、楽しいですよ☆


[PR]
# by fresh-mango | 2017-03-26 18:51 | 交流を楽しむ | Trackback | Comments(0)

録音して練習してみる。

先生が居ないので、自分の演奏がどう聞こえるかは、録音して聞いてみるのが一番(たぶん)…!

早速、iPhone の「ボイスメモ」で録音。どのくらいクリアに録音されるか半信半疑でしたが、思っていたよりちゃんと録音されていて、演奏のテンポ、ペダルの踏み換えなどいくつかのチェック項目を確認することができました!

丁寧に弾きすぎて、もっさりした演奏になっていたり、ポルタートのところが思いっきりスタッカートに聞こえていたり…。
「これじゃナイ感」たっぷりの出来でした…007.gif

が、がんばろ…。


[PR]
# by fresh-mango | 2017-03-23 15:11 | 音楽を楽しむ | Trackback | Comments(0)

ピアノ奏法―音楽を表現する喜び

井上 直幸/春秋社

undefined

少しでもいい演奏が出来ればと思い、かなり昔に買った井上直幸さんの『ピアノ奏法』。良い演奏とは何か、練習はどうしたら良いのか、表現のためのテクニックにはどんな種類があるのか…。易しいことばで具体的に語られるので、とても勉強になります☆最近この本が家にあることを思い出し、大急ぎで読んだのでした(汗)DVDは持ってないので、速攻で注文しました…(笑)!

趣味でピアノをやっているレベルでは、なかなかまとまった知識を得る機会がないと思うのですが、この本では、ピアノのタッチなど一つ一つ解説してあるので、自分でどんな演奏を今しているのか、またどんな演奏方法が他にあるのかはっきりと意識でき、ちゃんとついていければ「表現の引き出し」が増えるような気がします。

ペダリングの①打鍵の前から踏んでおくというところで、「ハンマーが弦を打った瞬間、すぐに倍音が得られ、硬さのないみずみずしい響きが空間を満たします」とありましたが、ズバリ、ドビュッシーの「月の光」の弾き始めでやっていることなので、この曲のペダリングで気を付けていることを挙げるとするならば、まずこれが思い浮かぶようになりました(笑)レッスンのなかで、先生がサラッと説明してくれたのかもしれないのですが、もう記憶の彼方でしたね(汗)実際に、聞いている人に瑞々しく聞こえているかは別問題ですが、「柔らかい音をどうやって出すのか」という質問に、このように答えられたら良いなぁ012.gif

打鍵についても、例えばレッスンで「そこはもっと強く打鍵!」と言われた時に、自分の中で「こういう音を出したいから打鍵をこうしたいのですが…」という考えがあるのとないのとでは、曲の出来が変わってくるのではないかと思いました。まぁ打鍵については弾きやすい曲と弾きにくい曲があるように感じるんですけど(指が太くがっしりしている人はブラームスとか)、どうなんでしょう。。


[PR]
# by fresh-mango | 2017-03-21 16:34 | 音楽を楽しむ | Trackback | Comments(0)

次の曲は…②

サークルの日が近づいてきました042.gif

曲目は、グラナドス アラベスカ(ボレロ)(「12のスペイン舞曲」より)と、ショパン「別れの曲」 (複雑な中間部の前まで 笑)です。

「別れの曲(エチュード Op.10-3)」
ショパンを弾くのは正直苦手意識があるのですが、このシーズンにピッタリかと思い、選曲しました…!うちにある楽譜は若干編曲してあって、複雑な中間部の前までなので弾きやすいのでした(笑)全部弾けたらカッコいいと思うんですけどね、難しすぎて弾く気が起こらず…。楽譜開いたら、速攻で閉じます…(笑)ピアノピースの表記「F(上級上)」ですからね(笑)「革命」とか弾けるレベルですよ…。

音が飛び出て、弾き急いでいる箇所もありますが、全体的なテンポ、音楽の揺さぶり方、音の膨らませ方が素敵だと思います。70小節目のソ♯の音が素晴らしい!

グラナドスのアラベスカ(全音の楽譜では「ボレロ」)は、前からいろいろ言っているので記事を読まれている方はもうお分かりかと思いますが(笑)、今回初披露します(> <)

ピアニストの演奏を聴いてると、強弱のつけ方などが素敵で、なんて豊かな世界なんだろう!とウットリするのと同時に、「自分が弾くアクセント記号のついた音、もっと『立った音』にならないのかな…」などと残念な気持ちにもなります(泣)!!単に強い音というより、「立った音」が欲しい…。上手く言えませんが…。その「立った音」の次にやってくる音も、もっと表情を付けたい…。自分の演奏にケチを付けたらキリがない…008.gif

ピアノの先生に見てもらえるのなら、先生からいろいろアドバイスをもらえそうですが、全部自分でというのはキツイ!弾きたい気持ちの方が強いので、何とかやってますけど!

グラナドスの「スペイン舞曲」は、実はこの最後の曲以外にも挑戦したい曲があり、7番目の「バレンシアーナ」なんかは夏に弾いたら最高だろうなと思います。スペインの踊りを表現したリズムに、カラッとした明るさを感じさせる素敵な一曲です。16分音符をどこまで華麗にこなせるか心配ではありますが(笑)8番目の「サルダーナ」も
華麗な曲で気に入ってますが、出だしで「これ、どう弾くんだろ…」で止まってしまいました(笑)音域広くて弾きにくそうですし、左の音をどう残せばいいのやら?

改めて、ラローチャの演奏を張り付けておきます!因みに自分が弾く「アラベスカ(ボレロ)」のテンポはこれよりゆっくりめです。

グラナドスの「スペイン舞曲」で、f(フォルテ)の音の豊かさ(特にペダルを使った音)に改めて気づかされたので、これからも前向きにいろんな曲を弾いていきたいと思います!


[PR]
# by fresh-mango | 2017-03-14 23:11 | 音楽を楽しむ | Trackback | Comments(0)

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?

小林 章/美術出版社

undefined

前回の記事でドイツのタグ(?)に触れたので、それに関連しておススメの本を紹介したいと思います♪

今回ご紹介するのは書体デザイナー小林章さんによる、『フォントのふしぎ』。

本の帯にある「ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?」はもちろんのこと、ヨーロッパの街で見かける文字はどんなフォントで表記されているのか、そして、合字など洋書を読むときにも必要となる知識も得られる本です。語り口調なのでスイスイ読めますよ。

フォントの本は、実際にデザインする人向けの本(テクニカルな本)が多く、それを生業としない人間には敷居が高いように感じていましたが、この本は実際に現場で撮った写真が豊富なため、「街歩き感覚」でフォントや欧文のことが学べます。

欧文の文字の美しさにはちゃんと根拠があることが分かりましたが、一番興味を引いたのは、最終章の「意外と知らない文字と記号の話」でした。

ただ「視覚的にカッコいい文字」があれば良いという話ではなく、国や時代が異なると、表記の仕方が変わるということ。

文字デザインについて普段意識しない分(文字が読みにくい形でデザインされていたら、本を読み進めることはできません)、文字の形だけではなく、表記についても深い知識がないと、フォントは成り立たないことを思い知らされましたし、表記の違いが分かると、その国や時代にも触れられるので、奥の深い世界なのだと感じました。

欧文をただ眺めるだけでは物足りないという方に、ぜひ読んでいただきたい1冊です!


[PR]
# by fresh-mango | 2017-03-07 16:07 | アート・デザインを楽しむ | Trackback | Comments(0)

はじめまして!好きなこと・素敵なものをいろいろ載せていきたいと思います☆


by mango