まだ参加決定ではないのですが(笑)

来年も2曲弾こうかなと思ってます。

2曲目は去年と同じベートーヴェンの「ピアノソナタ Op.49-2 第1楽章」ですが、1曲目は、チャイコフスキーの「朝の祈り」(「こどものためのアルバム Op.39」より)でいく予定!!

↑朝の穏やかで細やかな祈りの時間が流れます…。
チャイコフスキーの「こどものためのアルバム」は、この曲のほか、「ドイツの歌」「ナポリの歌」「ひばりの歌」あたりが好きです!

これで持ち時間をギリギリ使い切れる感じ!

演奏会参加できなかった場合でも、通常のサークルで「朝の祈り」はとても素敵な曲なので弾きますよ☆


[PR]
# by fresh-mango | 2018-10-09 21:35 | 交流を楽しむ | Trackback | Comments(0)

秋のぶらぶら散歩

a0181150_13410491.jpg
タンブラーとSQ10を持って、ぶらっと、北大の方へお散歩に行ってきました!
あてもなくブラブラと…。紅葉はまだですが(見ごろは11月上旬くらい)、いろんな野鳥が来ていて、目と耳を楽しませてくれました。
ちょっと疲れてお腹が空いたら、最近できたばかりのコンビニで軽めのランチ。温かい飲み物を飲むだけで、気持ちもほっこり。
眺めも悪くないから、冬に来てみても良いかも。

北大を出て、近くにある清華亭へ。前から気になっていた和洋折衷建築。
思っていたよりも小さな建物でしたが、和室とアメリカ式の洋室が隣り合わせになっていて、なかなか面白い作り。
洋室の天井の照明と、その土台になる部分が目を引きます。和室から見える眺めも落ち着く。空間が違うだけで、気分も変わってくるようでした。
清華亭に来て気づいたのですが、10月6日から来年の1月31日まで、「札幌市内北海道遺産おさんぽスタンプラリー」でスタンプを5つ集めて応募すると、抽選でオリジナルグッズがもらえるらしい!この機会に、いろいろ周ってみようと思いました♪
a0181150_14160111.jpg
↑先月は江別の野幌まで足を運び、「屯田資料館」に行ってきました。屯田兵の北海道開拓についてとても詳しい話が聞けます。


[PR]
# by fresh-mango | 2018-10-07 14:20 | 旅行/さんぽを楽しむ | Trackback | Comments(0)

あえかに秘めるものへ

a0181150_21265389.jpg

a0181150_21260638.jpg
こういうの好き。ささやかだけど、確かに存在してる。これを見て、川瀬敏郎さんが生けた冬の茶花を思い出しました。「なげいれ」の世界に惹かれます。

川瀬敏郎 一日一花

川瀬 敏郎/新潮社




会場:JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
      中央区JR札幌駅構内
      (地上東コンコースの西壁面。東改札口の南側)

 日程:2018年9月1日(土)~11月30日(金)
     (会期中無休)
 時間:8:00~22:00
      (最終日は、~20:00まで)

※お問い合わせ:JRタワー文化事業部 011ー209ー5075
植村宏木氏のHPはこちら


[PR]
# by fresh-mango | 2018-10-03 21:47 | アート・デザインを楽しむ | Trackback | Comments(0)

今日は、いつも以上にドキドキしながら行ってきました…!

弾いたのは、ショパンの前奏曲集第4番ホ短調と第20番ハ短調…!!

1曲目は緊張のあまり、指に力が入らず、練習時とはかけ離れた演奏になってしまいました145.png表現したい音、響かせたい音があったはずなのに、自分の音を聞く余裕はなく。一番感情を込めたかったstrettoがぁぁ…!思ったように弾けなかったのは、先生に教えてもらってない中で、ショパンの前奏曲を初披露しなければならないという不安もあったかもしれません。

悩みつづけた左手の和音のpの連打は、とにかく左手を脱力した状態にする(手をガチガチにせずに鍵盤に軽く乗せる感じ)ことを心掛けていたら、余計な力の入らない静かな音になるように感じていたので、家にあるアップライトピアノと、サークルで使うグランドピアノとでは音の出方が違うとはいえ(ここも悩むポイント!)、左手の音に自信が持てれば、自然と右手のメロディーも乗ってきて、全体的にまとまった演奏になるのではないか?と思っていたので、その成果を確認したい思いもありました…。

次回リベンジしたいと思います…!前回、坂本龍一の「opus」を弾いたせいか、その時初めてお会いした方から、「クラシックもやるんですね…!」と言われてしまいましたが、クラシックしかやったことがない人間ですから(あとは合唱の伴奏)…!!

今回弾いた前奏曲は、一曲当たり1分半くらいなので(譜読みのプレッシャーがない 笑!!)、弾く前に断ったうえで2曲続けて弾いたわけですが、何とか20番は響きを聞くことができました…!

今回弾くにあたって、何回もショパンの前奏曲集を聞きましたが、素敵な曲ばかりで何度聞いていても飽きない!!全部弾けたら最高だと思いますね!

さて、今回参加した方が弾いた曲は、クラシックだと、ベートーヴェンの「悲愴ソナタ」やラフマニノフの「音の絵」のほか、

↑シューマン作曲 リスト編曲「献呈」
穏やかな気持ちになる素敵な曲です。う~ん、いつか弾いてみたい…!

↑チャイコフスキー 「トロイカ(「四季」より)」
こちらもどこか可愛らしくて、素敵なメロディーが印象に残ります。

↑グラナドス 「アンダルーサ(「スペイン舞曲」より)」
※5番目の曲です。
クラシックギターで弾かれることも多いですが、ピアノだと左手の低音がよく響いて、なかなか渋い感じになります。スペインのリズムも良いんですよね~(以前下手くそながら一番最後の「アラベスカ」弾きました!)


など。クラシック以外だと、
↑ジョージ・ウィンストン「あこがれ/愛」
最近だと、J〇のCMで流れました…!ジョージ・ウィンストンを代表する曲ですね!

西村由紀江 「やさしさ」

ほか、ミスチルや福山雅治などJ-POPも。

次回のサークルも、どんな曲が聞けるか楽しみです!


[PR]
# by fresh-mango | 2018-09-30 18:08 | 交流を楽しむ | Trackback | Comments(0)

a0181150_21424045.jpg
↑左ページと関連性がないためか、何だかごちゃごちゃしてしまいました…。

連休を利用して、気になっていた企画展を見に行ってきました!

北海道大学総合博物館と放送大学付属図書館が所属している学術コレクション(写真などのビジュアル資料)を見せるというミニ展覧会なのですが、明治期の貴重なカラー写真もあり、ちょっとしたタイムスリップを楽めました☆写っているものも良いですが、それ以上に色が良い!!ノートの貼り方や写真の支持体などから、その展示物がどんな意図を持っていたものなのか探るのもとても興味深いものでした。3Dで当時の人々の生活を写真で再現しているものもあって、驚き!勉強の一環で、学生さんが簡単な解説もしてくれます。

図録のようなものがないかわりに、「放送大学付属図書館所蔵コレクション 日本残像~ちりめん本と古写真が語る幕末明治~」の案内パンフレットがあり、思わず持ち帰ってしまいました(放送大学付属図書館HPのギャラリーからも、幕末明治の写真が見られます!)。

この企画展を大きなチラシで知ったのですが、なかなかいい感じだったので捨てられず…。とりあえず、トラベラーズノートに貼ってみました!!展覧会(の案内)も、ノートに貼っておけば忘れない!


[PR]
# by fresh-mango | 2018-09-24 23:33 | アート・デザインを楽しむ | Trackback | Comments(0)