個展の案内チラシに惹かれて行ってきました!

とても写実的な作品なので、最初モノクロで撮った写真かと思っていましたが、日本画の画材を使っているんですね!!

下から木を見上げた様子を描いているのですが、不思議と癒されるのは何故だろう…。

人と空の間に木という植物が挟み込まれるだけで、空との距離感が変わる。。流れゆく雲や輝く星を眺める行為も、「空を見る」ことになりますが、木の存在感によって、何かもっと力強い生命を意識させられる。つくづく、日高さんの作品が好きなのだと感じました。

丁寧なドローイングで幹の力強さを表現されているのも印象的。

作品を見ていたら、グリーグやシベリウスの曲を弾きたくなりました(笑)

↑グリーグ 「抒情小品集」よりOp.47-3 「メロディー」


# by fresh-mango | 2019-02-12 21:08 | アート・デザインを楽しむ | Trackback | Comments(0)

新年演奏会

色々な演奏が聞けて楽しかったです…!
前から知っているメンバーの方の音色が変わっていたのが大きな発見!

練習を聞いてみると、普段は電子ピアノということですが、週一でスタジオにあるグランドピアノを借りていたとか。
音が良く鳴っていましたね。本当に良かった♪

私ですが、今回は第2部の中盤で、チャイコフスキーの「朝の祈り(こどものためのアルバムOp.39より)」と、ベートーヴェンの「ピアノソナタ Op.49-2 第一楽章」(こちらは昨年と同じ曲)を弾いてきました…!

演奏ですが…

まず、演奏までモチベーションを保つのが難しかったです105.png
聞くことに慣れ過ぎて、弾くという態勢に入らないままピアノに向かうと、急に変な緊張感が襲ってきました(笑)

それでいざ弾いてみると、自分のベストの演奏にはならず、非常に悔しい思いをしました…!
前日まで調整を続けたのもいけなかったかもしれませんが…。それによって、心に迷いが生じた気もします。

今回の演奏会は、ジャズやポップスも目立ち、いつもとはちょっと違う雰囲気。
ジャズの演奏の安定感もカッコ良かったなぁ。私にはないリズム感だったり、演奏技術だったり、スゴイなー…。

次のサークルでの演奏は、クラシックだと、古典派かロマン派と考えていますが、何を弾くか迷い中…。


# by fresh-mango | 2019-01-28 00:45 | 交流を楽しむ | Trackback | Comments(0)

曲の仕上げ

先日の高レベルのピアノコンサートを聞いてから、私も頑張ろう!と思い、新年演奏会に向けて、最後の仕上げをしています。

私が心がけているのは、前にもお話しした通り、自分の演奏を必ず録音すること。

気持ちよく弾けていると思っていても、録音した音を聞くと、フレーズが自然に流れていない箇所が見つかったりします。

問題点を見つけたら、具体的に何がいけないのか探るために、気に入ったプロの演奏を聞いてみて、どこを直すか考えます。

先生がいないので自己流になってしまいますが、「この音はメロディーにそっと添えるイメージで弾くと、メロディーが綺麗に浮き出るだけでなく、もっと柔らかい演奏になるような気がする!」などと仮説を立てて、再度録音。

それでイメージした音に近づいたら、その状態でいつでも弾けるように繰り返し練習。

この練習方法が本当にいいのか分かりませんが、少しでも自分が良いなと思える演奏に近づきたいんですよね。




# by fresh-mango | 2019-01-21 21:19 | 音楽を楽しむ | Trackback | Comments(0)

社会人のピアノ好きの集まりによるピアノコンサートが、昨年10月に出来たばかりの「札幌市民交流プラザ1F SCARTSコート」で開かれました!

プログラムは、

<第1部>
1. シューマン  謝肉祭 Op.9から前ロ上、オイゼビウスほか10曲
2.  グラナドス  組曲「ゴィエスカス」から「嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす」
3. グリーグ   抒情小曲集からノクターン、森の静けさ
4. ショパン   練習曲集 Op.25から第2番
        ノクターン第13番 Op.48-1
5. J.S.バッハ  平均律クラヴィーア曲集第1巻第2番BWV847
6. リスト   愛の夢 第3番
7. ショパン  ピアノソナタ第3番ロ短調 Op.58 第4楽章
Chopin:Piano Sonata No.3 Op.58 H-moll 4th movement Finale(Yundi Li)

<第2部>
8. ラフマニノフ 幻想的小品集 Op.3から「エレジー(悲歌)」       
ショパン ノクターン第13番 Op.48-1
9. シューマン  ピアノソナタ第2番 第1楽章
10. J.S.バッハ  フーガの技法BWV1080 コントラプンクトゥス10
  カプースチン 10のパガテル Op.59から 第1曲
         24の前奏曲 Op.53から 第2曲
         ピアノソナタ第9番 Op.78 第3楽章
11. J.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集第2巻第20番BWV889
12. ショパン   練習曲集 (プログラム変更とのことで、曲名を口頭発表されましたが、聞き逃してしまいました;おそらくOp.25の12番)
  
レベルがとても高かったです…!
コンクール上位者の演奏というか、ほとんどプロのような演奏も(7,9,10が特に凄かった)…。公共の場で一般聴衆に聞かせるだけあります…!
これでアマチュアと言うなら、私は何と言えばいいのか…(爆)!!
使われていたグランドピアノは低音部が豊かに響いて、それがとても心地よかったです。


# by fresh-mango | 2019-01-13 21:03 | 音楽を楽しむ | Trackback | Comments(0)

悩み事のチェックも。

a0181150_21263813.jpg
↑なんか恥ずかしいですが…7日「コツコツやりたいこと」欄がまさかの白紙(笑)

この前ご紹介したフェリシモの「福だより手帳」。

これを使ってから、「毎日コツコツやりたいこと」「日々のスケジュール」「その日にあった素敵なこと(もの)」の管理がとてもしやすくなりました♪「週間ページ」(予定を書き込む左側のページ)の真ん中に縦線が入っているのがミソかもしれません!ただ、書き込む際サインペンを使うと裏抜けするのが欠点です(ボールペンやジェットストリームインクなどがおススメ)105.png

上記のことを書くだけでなく、気になったことを吹き出し型やインデックス型のフィルムふせんに書くようにしているのですが、これがまた頭の整理をするのに役立ってます!

手帳上部に、数字が入ったインデックス型のフィルムふせんが付いてますが、実はコレ、以前から抱えていた不安をメモしたもので、1・2は「~した方がいいのか?」で終わっていて、解決策を探っている状況なのですが、3で「これが助けになるかもしれない!」と少し前向きな方向に持っていけるようになりました。不安を不安で終わらせない工夫をして、気持ちのコントロールをしています。こういうことを考えていると、プライベートや仕事での「やる気スイッチ」をも見いだせるような気がしています!もちろん、悩みや不安だけでなく、長いスパンで考えなければならないことにも使えるのではないかと思います。

手帳と仲良くなることは、自分と仲良くなることなのかもしれませんね!


# by fresh-mango | 2019-01-07 21:58 | 書くことを楽しむ | Trackback | Comments(0)