人気ブログランキング |
久しぶりの参加だったので、前回と同じベートーヴェンのピアノソナタ Op.49-2の第1楽章と、チャイコフスキーの「こどものためのアルバム」から「ママ」を弾きました♪

あまり緊張してないような気がしてましたが、ベートーヴェンは実際弾くと、音が抜けてしまったり、指が滑っていたりした箇所が…。練習通りではなかったですねー…119.png 実は、指が滑る箇所はピアノを習っていた頃にも指摘されていたという。。今でも滑りがちなので、そこだけ取り出してリズム練習もしましたが、練習不足だったということが判明しました103.png

チャイコフスキーのは思っていたよりスムーズに弾けました★最後の25小節から30小節は、最初左手の動きに戸惑いましたが、集中的に練習したら弾けるようになっていました♪弾けなかった箇所が弾けるようになるというのは、自信になりますよね。こういう「スモールステップ」を大切にしたいと思いました!

2回目は2曲ともまあまあの出来だったので、それなりにすっきりとした気持ちで終えることが出来ましたよ♪

今回は、クラシックは私の演奏曲以外だと、グリーグの「春に寄す」ドビュッシー「アラベスク 第1番」メンデルスゾーンの「詩人のハープ」(「無言歌集」より)、ラフマニノフ(クライスラー原曲)「愛の悲しみ」などが揃い、ポップスは中島みゆきの「糸」、山口百恵の「いい日旅立ち」でした。ジャズの方は、デイブ・ブルーベックの代表曲「テイクファイヴ」(もちろんピアノソロ)。「テイクファイヴ」は拍子を取るのが難しそうだ…141.png楽しそうですが…。

↑グリーグ「春に寄す」(「抒情小品集」第3集から)

↑メンデルスゾーン「詩人のハープ」(「無言歌集」第3巻より)

↑ラフマニノフ(クライスラー原曲)「愛の悲しみ」


# by fresh-mango | 2019-05-27 20:45 | 交流を楽しむ | Trackback | Comments(0)
期間限定、ふんわりバニララテ!!
a0181150_21281058.jpg
いつものようにアイスでいただきましたが、「焦がしキャラメル」より甘め※で、より飲みやすくなってます!バニラは主張せず、コーヒーの味わいの中に自然に溶け込んでいる感じ。
私は牛乳で割って飲んでます(無調整タイプがおススメ)が、豆乳でも良いようです♪

※糖類は「焦がしキャラメル」より0.5g少なくなっています。



# by fresh-mango | 2019-05-07 21:50 | Trackback | Comments(0)

北海道神宮の桜

今日は、北海道神宮の桜を見に行ってみました。

a0181150_22460185.jpg

残念ながら、桜のアーチは見られず134.png

a0181150_22523394.jpg
↑逆光での撮影のため、ゴーストが写りこんでしまいました…。カメラ(FUJIFILM X10)のモードをダイナミックレンジ優先にするのを忘れていたという;
日差しがとても強かったので、ダイナミックレンジでもダメだったかもですが;今日はまるで7月!

記帳した後、せっかくなのでお参りを…。1日じゃないのに、この行列…153.png頑張って最後まで並んでお祈りしてきました!

何やら音がするぞ?と思っていたら、本殿で結婚式が執り行われていました。神社の結婚式に遭遇したのはこれで3回目(1回目が広島の厳島神社で、確か2回目が伊勢神宮)!おめでたい110.png

a0181150_23212612.jpg
↑円山公園側から入ると、こんな感じ。
円山公園は、レジャーシートを広げる花見客で埋め尽くされていて、それを眺めるだけで何だか疲れてきた(笑)
お花見は、満開に咲いた桜も豪華で良いですが、桜吹雪や道端に落ちた桜の花びらの儚さを思いながら、静かに堪能したい。


# by fresh-mango | 2019-05-05 23:30 | 旅行/さんぽを楽しむ | Trackback | Comments(0)

新・今日の写真<53>

a0181150_20283559.jpg
↑祝津パノラマ展望台。右側に見えるのが、左から日和山灯台、鰊御殿です。
詳しくはこちら

今日は良く晴れたので、小樽の祝津まで足を運んでみました!

様々な岬や灯台の風景に興味があり、ここも前から気になっていた場所だったんです☆
(灯台に関してはこんな素敵なHPまであります)

ここまで坂が急できつかったですが、来た甲斐がありました !!眼下に広がる穏やかな海と、それを見下ろす日和山灯台がバッチリ見えました!こんな風に目の前が開けていると、晴れやかな気持ちになります。

因みに、高島岬にある日和山灯台が現在の形になったのは、1953(昭和28)年のことだそうです(初点は明治16年)。併設されている霧信号所(航路標識の一種。霧や吹雪などで視界が悪い時に、音で船舶に信号所の概位・方向を知らせる)は2010(平成22)年に閉鎖。明治時代から平成までここを通る船舶を見守ってきたんだなと思うと、感慨深いものがありますね。
a0181150_20464688.png
↑海上保安庁の灯台カード。日和山灯台って船の形に似ているような…?

a0181150_18101891.jpg
a0181150_18112260.jpg
↑全てinstax SQ10で撮影。PCで再生した場合,画像エフェクトが反映されないため、
ノートに貼りつけたものをiPhone SEで撮影しました;
(左上からAmber ビネット+40 明るさ0,Cornelius ビネット+30 明るさ0,Cornelius ビネット+60 明るさ0,Monochrome ビネット0 明るさ-1)

a0181150_21355808.jpg
↑灯台の近くに結構真新しい足跡。観光客の足跡なのかな?

a0181150_21384688.jpg
↑旧近江家番屋?今にも壊れそうですが…。

a0181150_21413048.jpg
↑向こう側に海が広がっています。


灯台の下にある鰊御殿や恵美須神社にも足を運びました♪

鰊御殿は隠し部屋まであるのが驚き。恵美須神社は高台にある神社で、鳥居をくぐった横にある参道を登りきると祝津漁港が見えます。とても小さな神社ですが、江戸時代末期に建立されており、祝津が漁村集落として重要な地域であったことが、ここからも垣間見ることが出来ました。


# by fresh-mango | 2019-05-03 22:21 | 写真を楽しむ | Trackback | Comments(0)

俳句にチャレンジ!

連休中、雨の日があることを知っていたので、前から気になっていた俳句に挑戦してみました!

夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業

夏井 いつき/PHP研究所

undefined

今まで中学校の課題(修学旅行の感想を俳句にしろというのがありました)以外、俳句を作ったことがないので、まず下五(しもご)から考え、最後に上五(かみご)に季語を入れるという「尻から俳句」で俳句デビュー。夏井先生のこの本は、俳句のつくり方の手順が分かりやすく、ありがたい一冊!!

それでできたのが…(かなり恥ずかしいですが)

春雲や カモメ羽ばたく 帰り道

帰り道、声を上げながらどんよりとした空を渡る一羽のカモメを見て、ふと爽やかな気持ちになったのでした。かもめって、夏の季語じゃないのか?と思っていましたが、そうでもないようなので入れました。春雲とカモメの組み合わせを意識したのですが、春雲の次、切れ字「や」で良かったんだろうか122.pngプレ〇トだったら良くても「凡人」かしら…。

俳句歳時記 春の部

富安 風生(編集),井本 農一(編集),水原 秋桜子(編集),山本 健吉(編集),飯田 蛇笏(編集),大野 林火(編集),山口 青邨(編集)/平凡社

undefined

↑歳時記は図書館に合ったこちらを参考にしました。もう少し簡単に書かれたものでもよかったかも…;

他にも、心に残った場面が仕事中含めあって、それを俳句(?)にしたのですが、なんだか描写しきれてないなという感じ…。上の句も自信あるわけではないのですが(笑)ご意見お待ちしております(笑)

上手く作れてなくても、一人言葉と向き合う時間が特別なものに感じたので、また時間が空いたら、いろいろな場所に出向いて作ってみたいです!

この機会にペン字も頑張ろうかな!


# by fresh-mango | 2019-05-02 18:14 | 書くことを楽しむ | Trackback | Comments(0)

はじめまして!好きなこと・素敵なものをいろいろ載せていきたいと思います☆


by mango